知っておくべき許可等の手続

許可を取得した後に必要な手続き その1(更新申請)

2019年06月11日  

建設業許可を取得するために一番大事な5つのことをクリアし、無事に建設業の許可を取得した後でも忘れてはいけないことがいくつかあります。

 

その1つ目が許可の「更新申請」です。

 

建設業の許可は、許可をされた日から5年間の有効期限があります。

有効期限を過ぎる前に更新申請をしない場合、許可はなくなって(抹消されて)しまいます。

 

また、毎年の決算報告や諸変更の届出をしていないと更新申請は受け付けられません。

決算報告や変更届を更新申請が必要な時期にまとめて行う業者さんもいますが、あれもこれもやっている間に期限を過ぎてしまったという話もまれに耳に入ります。

 

特に、はじめて更新の申請をされる業者さんは、早めに準備をすることをおすすめしています。

 

今すぐお問い合わせをしたい方はここをクリック!

建設業許可についてさらに詳しく知りたい方はここをクリック!


お気軽にお問い合わせ!メールフォームへ