知っておくべき許可等の手続

建築一式工事の場合の「軽微な工事」

2019年05月09日  

建設業を営もうとする者は、軽微な工事を除き、許可を受けなければなりません。

建築一式工事の場合の「軽微な工事」とは、

①工事1件の請負代金が消費税込みで1,500万円未満の工事

②請負代金にかかわらず延べ床面積が150㎡未満の木造住宅工事

この二つのことを言います。

 

つまり、建築一式以外の工事に比べ、許可が必要となる請負代金が高くなっていること、木造住宅の場合は請負金額に関係なく許可が不要なことがある、ということです。

 

今すぐお問い合わせをしたい方はここをクリック!

建設業許可についてさらに詳しく知りたい方はここをクリック!

 


お気軽にお問い合わせ!メールフォームへ